2005年10月27日

震災・・・その時。

ココの所の地震・・・不気味だと思いませんか・・・。

都心のいたるところでも、これといって公表のないままに
地震に対する工事や警戒を促す看板、震災時の非難経路など
今まで目にすることさえなかった光景が日に日に増え
より、不気味さを増徴しています・・・

私達には知らされていない「何か」が静かに動き始めているようです。


震災・・・その時。

かわいい猫と私とハムスターかわいい ミュウさんのところでも
先日話題にのぼっていましたが
いちばんに考えるのはやはり、りぞのこと・・・
おそらく避難所には連れてはいけないでしょう・・・
だからといって、置いていくことなんて死んだってできません。
うちには子どもはいません。もしもの時にも
おとな2人だけであればなんとかなるだろうと・・・
今までそう思ってきました。これといって災害時の用意もなにもなく・・・

が、・・・家族が増えました。りぞが。
なんとしてでも私達が守ってあげなければ・・・

そこで、避難所に行かなくてもすむよう
最低3日分の食料・水・トイレの確保を主に
なんとか極力自力でしのげるようにと
人生で初の災害準備をはじめました。
りぞと一緒にいる為にはどうしても必要なものです。

さいわい仕事柄、大きな車もあります。キャンプ用の寝袋もあります。

りぞとはなにがあっても離れません・・・・!



これから準備をお考えの方に「こんなものもあるよひらめき
ということで、写真に撮ってみました。
興味のあるかたはどうぞ、のぞいていってくださいね。



コピー 〜 DSC03347.jpg

食料、ランタン、カセットコンロ、携帯トイレ
4役をこなす手回し充電タイプ
(ラジオ、緊急サイレン、携帯充電、懐中電灯)
軍手、マスク、ホカロン、水のいらないシャンプー・・・ets

カセットコンロとランタンはひとつずつですが
そのほかの食料などは同じものがもうワンセット(計2人分)あります

コピー 〜 DSC03354.JPG

一番上に見える箱は「命の箱」と呼ばれているものです。
アメリカ製のサバイバルセットで「アークスリー」といいます。
成人が1人3日間しのげるだけの食料(ブロック)・水・そして
アルミ製の大きなブランケットが入っています。
価格は2500〜3000円 5年間保存可能。

その他、非常食も今は豊富な種類が揃っています。
パンの缶詰やおでんの缶詰、お水やお湯を注ぐだけのご飯、お餅
パスタやカレーなんていうのもあります。
我が家ではこれにチョコレートとスープ、
カップヌードルが加わり食料に関しては終了です。

コピー 〜 DSC03352.JPG

食料と並んで問題なのは「トイレ」
こちらのミニマルちゃん、組み立て式の言わばオマル・・・
イスの上に置け、スカートやタオルで隠しながら(普通に座っているように)
用を足す事が出来る優れものです。
一袋に3セット(3回分)価格は500円前後

ランタンは長時間使え、しかも上部でマグカップを温める事が出来ます。


いずれもインターネットで購入可能ですが
私はインターネットで買い物をするのがキライ(怖い)ので
ネットで目星をつけて、ひたすら探し回るというタイプ。
全て、ホームセンター、ショッピングセンターで購入しました。

まだまだ、細かなものはいっぱいありますが
(救急セットやタオルやライター、アルミのミニなべなど・・・)
大まかなものはこんな感じです。
お水なども商売用のものがいつも置いてありますし・・・

女性の方はぜひ!生理用品も忘れずに。
下着を取り替えることが出来ない時にも役にたちます。

りぞに関しては、首輪とリードにキャリーバッグ。
いつも食べているご飯、トイレ・・・
今のところはそれくらいです。


皆さんもこんなものも必要だよ・・・というものがあったら教えてくださいね。



ねこランキングに参加しています。よろしければ一票をお願いします。
バッド(下向き矢印)
banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ


ニックネーム Choco at 13:57| Comment(24) | TrackBack(3) | ママ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!防災完璧ですね!
絶対ジワジワと地面の下で何か起きてますよね。
もうすでに始まってる。
私は非常食にカロリーメイトを大量に常備してます。あと、この前「防災王子」をゲットしました。1つで5役もこなす優れもの。
持ち運びに便利ですよ。
あとは、お泊りセット程度ですが、用意しています。
Posted by あくび at 2005年10月27日 16:36
皆さんこんなに防災用品取り揃えているんですね
私は何も用意していません
ただ何かあったら ‘りゅう’と‘みみ’は絶対一緒と思っていますので キャリーは用意してありますしニャンコのご飯トイレの砂は何時も多めに用意してあります
特に砂が変わっただけでトイレに行かない‘みみ’のためでもありますが,そこまではいいのですが、自分たちのこと何も用意していません(。>_<。)
Posted by つー at 2005年10月27日 17:11
★あくびさん★

そういえば、「アークスリー」のなかに
カロリーメイトっぽいものが入ってました。

昔は「かんぱん」が非常食の定番でしたが
近年の被災者の方々の声を聞いていると
水分のないものは喉を通りにくいとか・・・
そんな声を反映してか、これほんとに非常食?!
と思ってしまうようなものがたくさんでてきていますね。
贅沢は言っていられないけれど、選択種があるのであれば
自分にあった食料を備えておく事も大切だと思います。
Posted by Choco at 2005年10月27日 17:41
★つーさん★

まず、私は避難所に行かなくてもすむ様にするには・・・
からはじまり、それには
自分達の事をきちんとしておかなければ!
という結論で、準備をはじめました。
りぞもみみちゃん同様、猫砂が変わっただけでも
もうトイレに行こうとしません。

これといって今まで
なんの準備もしたことがありませんでしたが
とにかくりぞと離れない為に、もしもに備えました。
これだけでも気持ちが落ち着きましたよ。



Posted by Choco at 2005年10月27日 18:04
友人の占術士の話によると、特に11月から、4ヶ月間は、地震の卦がでているそうです。
たしかに、多い・・・。
まだ、10月だけど・・・。

このひと、よくあたるの、阪神淡路とかも当てたし・・・。

で、避難所。とにかく、自治体にきいてみるといいのよ。
案外、近くにあるかも?
Posted by AKO at 2005年10月27日 18:07
私は阪神大震災経験者です。
あのニュースで映ってた、高速道路倒壊現場の真南に下ったところに住んでいました。
私の家族や家は幸い無事だったのですが…
『地震』と聞くだけで、今でも息苦しくなる思いです。

Chocoさん、すごい!防災グッズ完璧ですね!
これだけあって、あと『カプチン』も居れば安心☆
十分大丈夫だと思います。
救援は思いのほか早くきます。水や食料に関しては、おそらく各学校や公共施設には必ず確保されていると思いますので、それだけあれば十分だと思います。
トイレなども大丈夫だと思います。
それと、女性は本当に生理用品が何かと役にたちます!私も生理じゃなくても本当に助かりました。
重要書類や印鑑・通帳の類は、いざという時にまとめて持ち出せるように方法を考えて保管されるといいと思います。
それと、携帯電話や家の電話はパンク状態で使えないと思いますが、公衆電話を使う際に必ず覚えておいて欲しいのが『10円玉はいりません!』ということです。
阪神大震災の時は、みんなが10円玉を使って電話をかけたため、公衆電話が機能しなくなりました。
公衆電話は災害時にはお金を入れずに使う事ができます。これを覚えておけば、みんなが公衆電話を使うことができます。


後は、いざという時にどう行動するのかのシミュレーションをしておくといいと思います。
物がそろっていても自分がパニックになってはどうしようもありません。落ち着いて行動するためにも、心の準備は常にしておかれるといいと思います。

私の場合は(家で一人だった場合)
@まず自分の身の安全を確保する
Aちょこをキャリーに入れる
Bガスの元栓を閉める・ブレーカーを落とす
Cお風呂にできるだけ水を張る
D非難する際に必要なものを持ち出せるようにしておく
E主人と連絡を取ってみる・ラジオなどで情報収集

といった感じでしょうか。
『あなたと別々の時に災害が発生したら、私は○○小学校に逃げてるからね』とか、日頃から避難場所や連絡方法を主人と確認しています。
ご主人がいらっしゃる時のシミュレーションなど、普段から役割分担をされるといいと思います。
Aですが、多分猫ちゃんはパニックになると思いますので、先にキャリーに入れておいた方が後の行動がとりやすいと思います。
Bですが、ブレーカーは必ず落としてください。でないと、電化製品が故障していたら電気が復旧した時、そこから火災になります。阪神大震災の時はみなさんこれを知らずにたくさんの火災が発生しました。
Cはやっておくと必ず助かります。というのも、水洗トイレは一定量の水を流さなければ詰まるという仕組みになっています。ですので、節水というつもりで少しの水で流しつづければ、トイレが壊れます。(実際うちもトイレが壊れて大変でした)
そんな時、この水をタンクに移して使うと本当に便利です。

後は長期の避難生活になった時に猫ちゃんを預ける場所を調べておかれるといいと思います。
できるだけ離れたくはないんですけど…。

と長々と書いてしまいましたが、本当にいつくるか分からないものですから、何かのお役に立てればと思い書かせていただきました。
これでもきっと不十分なところはたくさんあると思いますが、Chocoさんはそれだけ完璧にされてるので大丈夫!りじょくんも安心ですね♪
Posted by なみへい at 2005年10月27日 19:45
\(◎o◎)/!準備万端ですね。。。
以前、ミュウさんとこにも書いたんですが、、、
私もChocoさんと同じで、避難所に行かなくても済むように
準備したいと考えてます!!
これまで大地震(阪神阪神大震災、新潟中越大地震等々)
のニュースを見ていて、いつも思ってたんです
避難所へ行くと必ず文句をグタグタ言う人が必ず居ますよね
居て当然だとも思うのですが、、、
そんな所へ猫を連れて行くと絶対!非難する人が居るはずです
悲しい事だけどみんな自分が必死な時に動物は後回しだって!
だから、、、犬達はおうちにつなぎっぱなしになってたり
してるのを見て、、、私は避難所へは行かない!と思いました
それじゃ死ぬぞ!!って言われたらそれでも良いとさえ思います
私は10年近く前に大事な人を亡くしたので死に対して
恐怖はない気持ちもあるのです。
今日のChocoさんの記事を読んで皆さんのコメントも読んで
いつ大地震が起きても良いように準備だけはしておこうと
そしてもっともっと深く考えようと思ってます
長くなってごめんなさい。
Posted by てい at 2005年10月27日 21:21
ほ〜〜〜〜〜
すごい!!!


私はトリミングサロンに勤めているので、
何かあったらとにかくサロンに集まろうと決めています。そこなら、ワンコたちも避難していられるから・・・
ワンコとニャンコ専用の避難グッズをまとめておかなきゃと思っている・・・いるけど・・・
まだ出来てない・・・
この記事をきっかけにしてちゃんとしたいと思います。
Posted by まいまい at 2005年10月27日 22:52
Chocoさん、素晴らしい!やはり備えあれば〜と言いますもの。こうして前もって防災用品を準備しておくこと、本当に大事だと思います。最近、ビデオで『救命病棟24時』を見ました。東京に大地震が起きたことを想定して作られたドラマですが、あれは本当によかったです。実際、近年中に日本の大都市で大地震が起きると言われていますし、ああいうドラマなどで国民の意識を高めるのは大事なことだと思いました。
私は過去約10年ヨーロッパに暮らしているので、日常の中で地震を感じることはありませんし、私の暮らしたイギリスも、現在いるフランスも、地震が来ない国と言われてて、ほとんどの人が地震を経験したことがありません。阪神大震災が起きた時はロンドンで生活していた時だったので、日本が一体今どういうことになっているのか、当時はインターネットもなかったですし、現代のように、簡単に映像が見れるわけでもなかったし、ほとんど伝わってはきませんでした。ただ、その頃、私が日本人だと分かると、レストランなどで、周りのお客さんたちが、「大変でしたね、頑張ってください!」と声をかけてくださいました。しかし実際のところ、私には被災地がどういう状態になっているのか把握できておらず、申し訳ない気持ちがあったのを覚えています。みなさんのコメントを読んで、そしてChocoさんの考え方、姿勢を知って、私ももうじき日本へ帰るのだし、もっと気を引き締めやんとあかんと思いました。そう思うきっかけをくださってありがとうございます。Chocoさんが備えをしたことで気持ちが楽になったと書いておられますが、その気持ち分かります。やっぱり準備をしておくのとしてないのとでは雲泥の差ですよね。そしてこんなに色々な防災用品があるのかとびっくりしました。勉強させてもらいました。Chocoさんありがとう。なんか熱くキーボードを叩いておりました…災害時の動物たちのことももっと真剣に考えてゆきたいと思います。
Posted by kiki at 2005年10月28日 02:20
うわ〜〜偉いですね。
地震心配ですね、
ホントいつ何処で起こるか、見当付かないですしね。
きちんと備えて置かないと、って思いつつ何もしてないダメな私です(−−;)
Chocoさんの記事、そして皆様のコメントすごく参考になりました、ありがとうございます。
ねこのきもち9月号に、猫との避難の事が書いてありましたよ。
Posted by sachi at 2005年10月28日 11:49
★AKOさん★

うわぁ〜・・・ホント?!
こころしておきます。

避難所自体は近くにあるのですが、「ペット」は・・・
という感じです。
はなっから連れて行く気もないし。
「ペット」じゃないし。

・・・って、それは
動物を飼っている側のへりくつなんですけどね。
Posted by Choco at 2005年10月28日 16:11
★なみへいさん★

そうだったんですか・・・?!
たいへんな思いされたんですね・・・
あの光景は目に焼き付いています・・・

嫌な事思い出させてしまったのではないでしょうか・・・?
なみへいさんどうもありがとう・・・

食い入るようにコメント読ませていただきました。
・・・知らないことだらけでした・・・
公衆電話のこと、ブレーカーのこと、トイレのこと・・・
そしてシュミレーションの大切さ。
今でも覚えているのが、母の言葉です。
「どんな事があっても、必ず家にお父さんお母さんがどこにいるか大きく張り紙しておくから。」
学校にいる時間に災害に見舞われたときにも心配するなという
母の思いだったようです。
この母の言葉が魔法のように私を安心させてくれました。
なにかあっても、離れ離れになる事は無いんだと。
Makoちゃんとはほとんど行動をともにしてはいますが
それだけに、一人のときのことをよく考えておかなければ
・・・そう思いました。

こういったことは、体験させた方でないと分からない事だらけです。
なみへいさんの言葉で言い方は変なんですが
気持ちが楽になりました。
私が知らないことで気をつけなければいけない点を
知ることができて、不安感がやわらぎました。

なみへいさん、ほんとうにどうもありがとうございました!
物を揃える事だけで終わらぬようにもっと
考えていこうと思います・・・


Posted by Choco at 2005年10月28日 16:47
★ていさん★

私もていさんと全く一緒です・・・
人間も極限状態です・・・無理も無いかもしれません・・・
私達にとっては命のような存在でも、あのような環境に置かれ
自分の食事もままならない中、犬・猫にやる食べ物なんてない!
そう思われても仕方の無い事かもしれないです・・・
だから、避難所へは行きません。
動物が後回しなんて、周りのひとが決めることじゃないです。
食料やお水だって飼い主の人が自分の分を分けているのだから
お前には関係ないだろ!って思うのですが
そうじゃないんですよね。「気に入らない」だけなんです。
なにをどう説明しようがそういう人には無駄です。
私も、りぞと引き換えのいのちなんていらない。
こういった気持ちを軽々しく分かるとはいえませんが
大切な方をなくされて「死」の恐怖が薄れたていさんの気持ち
ちょっとうなずけるかな・・・
私も父を亡くしてから、みんないつかは死んじゃうんだなぁ・・・
そう思うようになりました。
お父さんが待っててくれる・・・そう思うと
恐怖はなくなります・・・

話がそれてしまいました。ごめんなさいね・・・
準備は絶対しておいたほうがいいと思います。
団くん・コパンくん・ココちゃんの為に!
Posted by Choco at 2005年10月28日 17:16
★まいまいさん★

私もやっと!ですよ。
危機感はずーっとあったのですが、
やはり人間というのは愚かなもので
うちはだいじょうぶだろう・・・なんてどこかで
思ってたんですよね・・・

でもほんとなんか車で色々な所にいくと
いたるところで地震に対するいろんな事柄が
しずか〜に(これが怖い!)進んでいるのが分かるんです!
それでもりぞがいなければ
ここまでしようとは思わなかっただろうと思います。
りぞは私達が守らなければ・・・絶対!

関東圏はほんとやばそうです・・・

Posted by Choco at 2005年10月28日 17:30
確かに今至る所で地震が起こってますね
いざっていう時の準備・・・
しなきゃしなきゃって思いつつ、まだな〜んもしてなかったです(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
chocoさんの写真を見せていただき、これから揃えなきゃって思いまました

確かに災害が起こると、動物は後回しになっちゃいますね?
人間が先だ!って考えがあるんでしょうね・・・
でもみな家族なんですよね?人間と同じ尊い命
優先順位なんてないはずですよね!!

σ(^^)わたし♪も猫ドンを守ってあげなきゃ!!
Posted by 由乃 at 2005年10月28日 18:40
★kikiさん★

こんな偉そうに写真なんかとってますが
私が防災準備をしたのは、人生で初なんです。
今まで大きな地震をニュースでは目にしてきました。
恐怖感を覚えても、喉元過ぎれば〜やらで
いつしか対岸の火事になってしまっています。
愚かなものです・・・
今でも苦しんでる被災者の方々が多くいらっしゃるというのに。
りぞがいなければ今も変わっていなかっただろうとそう思います。

kikiさんは心配だったでしょうー?!
なにが不安て、なにも分からない事ほど不安なものはないですもんね。
今だからこそこうやって当たり前のように
フランスにいるkikiさんと日本の私とで会話もできますが
あの頃はそうはいかなかったですしね・・・
そう考えるとほんとうに今は便利なんですね〜。

フランスに地震がないということは・・・
みっちゃん、地震を知らないんだ。
日本は多いからびっくりしちゃうかな?
りぞもはじめての地震のときは、パニックになってました。
心臓もバクバクだし目なんか見開いちゃって・・・
あっ・・・でもkikiさんもか?!(笑)
地震の無い国にずっといたんですもんね〜

ほんとうに準備していると思うと、なんだか安心できるんですよ♪
その次の段階の事が考えられるというか・・・
kikiさんも、みっちゃん守ってあげてね。



Posted by Choco at 2005年10月28日 19:42
★sachiさん★

偉くないんですよ〜(汗)・・・全然。
災害なんて人事みたく思ってしまっていましたから・・・
考えたくない事なので、よけいに逃げてしまうというか。
自分達だけならどうとでもなるんですけど
りぞのことを考えるとそうは言っていられないし
あってからでは遅いので、準備をはじめました。

なにもなければ、それに越した事はありません。
この非常食なども「もう消費期限切れだから」
という理由で食べたいものですね・・・
Posted by Choco at 2005年10月28日 19:54
★由乃さん★

本当に由乃さんのおっしゃる通りだと思います。
世の中、動物の好きな人ばかりではありませんので
私達のこういった思いを押し付ける事は無理なのでしょうが
「命」に、なんの変わりもありません。
むしろ、私達人間が助けてあげなければ
確実に「死」を迎えてしまいます・・・
人間が頼りなんですよね。

もっとも、なにをどう話そうと
こういった考えの人たちには分かってもらえませんが・・・
ならば、そういった人たちと極力接する事の無いように
自分達の事はしっかりしておこう・・・そう思い
準備をはじめました。

猫ドンちゃん、守ってあげてくださいね。
Posted by Choco at 2005年10月28日 20:06
Chocoさん、こんばんは!
すごいですね。こんなに色々準備してあって。
私も、一応リュックに入れてあるんですが、押し入れに入ってるから、いざと言うとき持ち出せるか解りません。
それに足りないものもたくさんあるし、Chocoさんを見習って買って、部屋に置いておくべきですね。
そして猫用の物も用意しなくては。
インコは空に飛んで行ってしまうかなぁ。
いつも大きな地震が来てもじっと座ってるだけで、いつ動いていいのかタイミングがわかりません。
本当怖いですよね・・・。
自然も、人間も怖いです。(T_T)
Posted by クエス at 2005年10月28日 20:54
産経新聞を最近購読し始めましたが、、、防災に関する特設ページを開設しましたよね。最近、地震があったから、気になってみてみました。結構おもしろかったですよ。アドレスは http://www.bo-sai.net/です。
今、新聞を購読すると防災グッズがもらえるそうです。防災グッズって欲しいと思っていてもなかなか買う機会がないですよね。
プレゼントだともらってもいいなって気にになりますが・・・ 電子化したり、プレゼントをあげたり、新聞業界は大変そうですね。
Posted by まいみ at 2005年10月29日 11:50
★クエスさん★

自然に悪意はありませんが、人間にはそれがあります。
人間は怖いですね・・・

うちもこれだけ用意したものの、置き場に困ってます。
うちの押入れはもの凄い事になってるので(笑)
こんなリュックふたつも入らないし
だしっぱっていうのはチョットやばいし(笑)
とりあえず、パソコン部屋においてありますが
性格上「とりあえず」は危険で、
「とりあえず」的に置いたものはたいていそのままです(笑)
あはは。
Posted by Choco at 2005年10月31日 15:12
★まいみさん★

もしかして、あくびさんと同一人物?!(笑)
○○新聞大人気ですね〜。

勧誘も大変ですね。
Posted by Choco at 2005年10月31日 15:14
日本全体が火山列島なので、ここでは絶対に地震は発生しないという地域はないんですよね。私が住んでいる地域は東海沖地震が発生したらかなりの被害が想定されているので、少しの揺れを感じても恐怖心に襲われます。なのに、防災グッズに関しては揃えておりませんし、ペット対策は何も行っていません。自治体での災害時のストックは人間の水や食料でペットにまではないでしょうから、とりあえず、ケージの中に500CCのお水のボトルと深めのポリ系の使い捨てのお皿を2,3枚とカリカリの小袋を幾つか入れておこうと思います。
Posted by wako-mama at 2005年11月01日 09:45
★wako-mamaさん★

そうなんですよね。
年中自治体のほうで世帯人数の確認とか行っていますし
私達はほんとうにどうにかなるだろうと思います。
変な言い方ですが人間は人間が助けてくれます。
でも動物は別です。
私達家族が守ってあげなければ・・・
こういった災害時には当たり前ですがみんな自分でいっぱいで
そういったイライラのなか、
どうしたって動物は「攻撃の的」になりかねません。
それだけは避けなければ・・・そう思っています。

Posted by Choco at 2005年11月01日 10:19
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/98941

この記事へのトラックバック

高知県 - ペニーオークション
Excerpt: あなたが欲しかったあの商品を手に入れる最大のチャンス!
Weblog: 高知県 - ペニーオークション
Tracked: 2011-11-24 10:23

高知県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 高知県 - 直あど交換所
Tracked: 2013-01-26 11:20

イメクラ - 大阪十三の隠れ家「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ
Excerpt: 大阪十三のメンズエステ『癒し家』-厳選されたエステティシャンによるリラックスマッサージをお楽しみください
Weblog: イメクラ - 大阪十三の隠れ家「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ
Tracked: 2013-02-13 20:50