2005年10月03日

悲報。

ずっとこちらでも里親さんを募集していた
れんげさんが先日、お空へと旅立ったそうです・・・
検査にも出なかったウイルスが隠れていたとの事で
一日で様態が悪化。
次の日の朝の出来事だったそうです・・・

新しいお家は見つかりませんでしたが、
れんげさんの事を誰よりも気にかけ、大切に思っていたなおしさん・・・
れんげさんはなおしさんに出会えて嬉しかっただろうと思います・・・・


出逢いがあれば別れがある・・・

今は自分にそう言い聞かすしか他にありません・・・


112-1217_IMG-thumbnail2.jpg


れんげさん・・・どうか
お空の上で元気に幸せに暮らしてね・・・


また・・・いつの日か・・・!

ニックネーム Choco at 13:56| Comment(14) | TrackBack(1) | ママ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動物の死というのは本当にあっけなくて、一度死ぬと生き返らないですからね。なんだか心が取り残されますね。この数ヶ月で3匹を看取りましたが、まだ息を吹き返すんじゃないのかとしばらく死体相手に往生際悪く手をつくしました。あまりがんばらせない方が良かったんじゃないかと後悔ありますけど、でも簡単に逝かせたら諦めつかないんじゃないの、といわれてしぶしぶ納得するしかなく。。気持ちなしか、上記のお写真の表情、あまり調子良くなさそうに見えますね。今頃はすっかり健康を取り戻して虹の橋を走り回っていることでしょう。
Posted by 参画 at 2005年10月03日 14:51
れんげさん、いつもここへ来ると
写真でだけど「こんにちわ」していました。
だからタイトルを見てまず心が凍りました…
検査で検出されなかったウイルスが潜んでいたの?
なおしさんも、れんげさんの急変にどんなに驚かれたことか…
れんげさん、お空の上でしあわせにね。
うちのJOYとも仲良くしてあげてね。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by kiki at 2005年10月03日 15:53
「動物を飼うときは、いつ、なにがあってもいいように、心、覚悟しておくんだよ」
ミレの心雑音が見つかったとき、実家の母にいわれた言葉です。
それはわかっていても、つらいものです。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by AKO at 2005年10月03日 17:02
このブログを覗く度に 目に入っていた れんげさん。
もう 会えないかと思うと淋しいね・・・。
私も 犬猫を合わせて何匹を見送ったかなぁ・・・。
その度に悲しく 辛い思いをしたけれど 今は皆 一緒に
空の上で見守ってくれていると思うよ。
お父さんと もんぞうみたいにね・・・。
うちのさくらにも いつか必ずその日がくる。
考えたくはないけれど 必ずくる。
泣く子供達を私は慰めなければいけないんだろうけど
多分、一番 号泣するんじゃないかな。
親としては 情けないのかもしれないけれど
それでもいいか・・・と思ってるよ。
さくらは ただのペットじゃなくて家族だもの。
Posted by みほ at 2005年10月03日 22:35
私もここへお邪魔する度に見てましたよ
なのに、、、逝ってしまうなんて、、、言葉もありません
ただただご冥福を祈るばかりです♪
虹の橋を渡ってもう苦しまずに元気で遊んでますね
にゃんこを飼う時からいつかは来る別れを意識しては居るものの
やっぱり動揺してしまいますね♪
その日が来たら私はパニックになりそうです
頭ではわかっているのに情けないですね。。。
心よりご冥福をお祈り致します。
Chocoさんもお気を落としでないようにね。。。
Posted by てい at 2005年10月03日 23:21
れんげちゃん、本当に残念でしたね・・。
私は先代猫(クロ)と病院に通いつめた期間があって、結局お別れの時が来た時は、その現実さえも受け入れられないくらい悲しかった・・。割り切れない気持ちをずっと抱えて過ごしました。
でも。「生老病死」「愛別離苦」この8つの苦しみからは逃れることは出来ないのだと悟るしかありませんでした。れんげちゃんも最後の瞬間までよく頑張り抜いたと思います。それを讃えてあげたいですね。
  心よりご冥福をお祈りいたします〜☆
Posted by wako-mama at 2005年10月04日 09:36
私もここに遊びに来るたびに、れんげさんと挨拶してました。
不思議なんですが、普通なら『早く新しい家族が見つかればいいなぁ』と思うんでしょうが、れんげさんを見てると『このままなおしさんの所に居られたらいいのに…』と思っていました。
最期の時になおしさんと一緒にいられて、れんげさんは嬉しかったのではないでしょうか。

れんげさんは、また新しい命としてきっとなおしさんの元に帰ってきてくれると思います。
それまで暫くのお別れです。
れんげさん、そっちで遊び飽きたらまたこっちに戻ってきてね。
Posted by なみへい at 2005年10月04日 11:02
★参画さん★

れんげさんは大きくなってからどんな訳があってか
保護されたねこちゃんでした・・・
なので、こねこの里親さんを探すときよりも
もっともっと、幸せを願いながら
里親さんの募集のお手伝いをさせて頂いてきました。
なおしさんに保護され、カラダの具合も良くなりかけていたのですが
れんげさん、お空に逝ってしまいました・・・

今はただ、れんげさんの幸せを祈るばかりです・・・
Posted by Choco at 2005年10月04日 11:37
★kikiさん★

きっと今ごろ、JOYと走り回っていますね・・・

れんげさんは、保護された時とてもひどい
口内炎を患っていたそうですが
徐々に治ってきているとの事でした。
隠れていたウィルスがどんなものだったのか
私も詳しい事は分かりませんが、なおしさんから
そのようにお聞きしました・・・
便秘ぎみのれんげさんに工夫をこらしたご飯を
食べさせてあげたり
なおしさんの存在は人間に裏切られてれんげさんにとって
とても心強い存在だったのではないかと思います・・・
そんな、なおしさんに看取られて
れんげさんは笑ってお空に逝けたんだと思いたいです・・・


Posted by Choco at 2005年10月04日 11:59
★AKOさん★

私もよく父に言われました・・・
「生きている時にかわいがってあげればいいんだ」と・・・
でも、それは父自身が自分に言い聞かせている言葉でもありました。
父の動物に対する思いというのはもの凄いもので
いつでも、動物を優先して物事を考える人でした。
そう、言い聞かせなければ自分がどうにかなってしまうような・・・
そんな父も2年前に亡くなりました・・・

今頃、れんげさんにご飯でもあげているかもしれませんね。
Posted by Choco at 2005年10月04日 12:06
★みほさん★

絶対に避けて通る事の出来ない問題なんだけど
考えると、ほんとにどうにかなってしまいそうだよ。
さくらはいくつになったっけ?
りぞはまだ1歳になったばっかだけど、やっぱり
なにかにつけて「その時」を考えてしまう。
ちょっと今こんな事を書いただけでも涙があふれてくるよ。
Y大はたいへんだろうね・・・
人一倍、感受性の強い子だから・・・
私も無理。絶対慰めなんてできないよ。
でもそれでいいんじゃない・・・
悲しいものはどんなことしたって悲しいんだもん。
大人も子供も関係ないよ・・・
と思う。
愛する者を失くした時の悲しみは、想像を超えるから・・・
Posted by Choco at 2005年10月04日 12:20
★ていさん★

れんげさんのことは、
みなさんが気にかけていてくださったのだなぁ・・・と
変な言い方になってしまいますが
とてもうれしかったです・・・
みなさんの思いに見守られながら
れんげさんはきっと
はやくに天国にたどり着けたと思います・・・

「その日」のことは、いつでも考えておかなければいけないけど
正直忘れてしまいたい・・・
そんな日が来なければいいのに・・・
ね・・・・ていさん。
Posted by Choco at 2005年10月04日 12:28
★wako-mamaさん★

くろちゃんと亡くした時のmamaさんの苦しみを思うと
言葉もでません・・・
わこちゃんの存在がどれだけmamaさんの救いになったか

出会いがあり、別れが来て、そしてまた出会いが訪れる・・・
生きていくということはその繰り返しなのですね・・・

れんげさんとの別れもまた、れんげさんとの出会いの始まり。
いつの日にかまた生まれ変わったれんげさんに
会える日が訪れますよね・・・
Posted by Choco at 2005年10月04日 12:41
★なみへいさん★

なおしさんのところに戻ってくる・・・

そうですね・・・!なおしさんのところに・・・
それがイチバンですね・・・!

なみへいさんのコメントを見ていてふと思いました。
れんげさん・・・もしかしたら、ずーっと
なおしさんといたかったのかなぁ・・・って。
それがれんげさんの願いだったのかな・・って。

なみへいさんはほんとに気持ちのやさしい方なのですね。
いつもコメントを読ませていただいていて
心からそう感じます・・・
あったかい方です・・・

ちょこちゃんは本当に幸せだ・・・
Posted by Choco at 2005年10月04日 12:50
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/81191

この記事へのトラックバック

無香空間は何度でも復活する
Excerpt: 大切なスペースから当里親募集フラワーのリンク、暖かいご協力に感謝いたします。良いご報告をできますようがんばります。
Weblog: 猫様、成長記録
Tracked: 2005-10-03 14:25