2005年09月11日

人間の事情・・・

いつも遊びに行かせて頂いているみなさんのBLOGで
去勢についての話題がのぼっていたので
今日はちょっとだけ、まじめ話を・・・

りぞも去勢は済ませてあります。
「去勢」については賛否両論ではないかと思いますが
不幸ないのちを増やさない為、そしてなにより
室内暮らしのネコたちにとって「さかり」は大きなストレスです。
恋ができない辛さは、そうとうのものだと聞きました。
(とくに男の子は・・・)

りぞには辛い思いさせたくない・・・
だからといってからだに傷を付けてしまう事がほんとに
りぞにとっていいことなのか・・・
結局は人間の都合。すべてがそれです。

私達がお世話になっている獣医の先生も
答えはだせないけれど、でも確実にわかっているストレスから
守ってあげることも必要だと、おっしゃいました。

・・・りぞは生後半年をまって手術をうけました。

私は先生が大好きです・・・。偏屈ですが(笑)とにかく
どんな時でも動物達の気持ちをいちばんに思ってくれます。
りぞは、この先生に何度となく助けてもらいました・・・
この先生とのエピソードは語りつくせません。
そんな先生のこころのやさしさが窺えたのも
この「去勢」の時でした。
先生がこうおっしゃったのです・・・

「うちでは取ったものをビンにいれてかえしてあげてるけど、いる?」

えっ?取ったものって・・・たまたまちゃん?!

そんな話聞いたことなかったのでビックリしましたが
先生の話に涙がでてしまいました・・・

今度生まれ変わったときに付いてなかったらかわいそうだと・・・
この世に「忘れ物」をしないように、大切に預かっていてあげて欲しいと・・・
いつか必ずお別れの時がやってくる。
それはどんな事をしてもけして避けられません。
その時に、返してあげて欲しい・・・と。

もちろん強制ではありません。
欲しい人にだけホルマリンの小瓶に入れて渡してくれます。
私は・・・もちろん、大切にりぞから預かっています・・・

これをりぞに返す日がこなければいいのに・・・
そう、願いつつ・・・




ねこランキングに参加しています。よろしければ一票をお願いします。
バッド(下向き矢印)
banner_03.gif にほんブログ村 猫ブログへ



ニックネーム Choco at 06:08| Comment(24) | TrackBack(0) | ママ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分前にコメント残してくださったのに、コメントに気がつかなくってごめんなさい。(>_<)でもうに君ところではよく拝見しています。去勢手術・・やっぱり心配です。タマは男の子のシンボルだもの。やっぱりとることには抵抗もあります。去勢は必要だと思います。こんな私、矛盾でしょうか。。
Posted by 参画 at 2005年09月11日 11:30
いい先生ですね。
私も仕事柄、獣医さんに近い気持ちでいますが、
本当に心根のある方にしかまっとうできない仕事だと思っています。
トリマーなんて、イイトコ取りですもの。

今回のるなの出産の時にも、不器用だけれど心のこもったケアをしてもらいました。
その時に思ったのが、「獣医さんなりに限界があるんだろうな」って事。その中でどこまでパーフェクトを目指せるかに心血を注いで行く所に醍醐味があるんじゃないかと思いました。
はっきり分かるのは、愛情の深い人は名医だと言う事です。りじょ君の先生は計り知れない愛情をもっておられるんでしょうね。

おたまちゃん。大切に預かっていてください。
Posted by まいまい at 2005年09月11日 12:53
うちも去勢いたしました^^
Chocoさんと同じ理由とこの子達の為に飼い主としてして上げれる事をすべてして上げたいと思いしました。
息子達が我が家に来たその日から去勢プロジェクトは始まりました。病院の先生に相談して体にかかる負担を最小限に抑える時期にしよう何度も何度も相談し時期を決めました。
夫婦喧嘩もしました^^;
「なんで男の大切な部分取るんだ」旦那は怒りましたが何度も説明し考えて泣いて決めました。
最後のお願いで病院へ「3匹同じ日にして下さい」と頼みました(匂いが変わって蟠りが出来たら嫌だったので)
いろいろと悩み自分を追い詰めたこともありましたが今は去勢して良かったって私は思っています^^*

いい病院の先生ですね^^*
残念ながらうちはオタマちゃん返していただいてません(かわいそうなことしたな 涙)
感動して涙がでました。
この子達にもいつか寿命があると思うと気がおかしくなりそうですが私、この子達と一緒にお墓にはいるつもりです( ̄∇ ̄*)
どんな形になっても一生一緒にいよう(イタイ子でしょうか?)

りぞ君長生きするんだよ^^V
Posted by 猫バカなーこ at 2005年09月11日 14:54
家の猫ドンは大人になってから家の前に捨てられていて、それから飼うようになった猫ですが・・どうやら避妊手術はされていたみたいで、家に来てから8年たっても妊娠したことはないのですが
猫にとっては痛い思いしたくないのに〜って思ってるかもしれませんが、やはり可愛そうな命を増やさないためには仕方ない事かと・・・(これも人間のエゴかもしれませんが・・・)

りぞちゃんの獣医さんは、とても動物の事を考えてくれる良い先生ですね!
大切なりぞ君の宝物、いつまでも返さないでいたいですね・・・
Posted by 由乃 at 2005年09月11日 16:25
今まで、何度となく沢山のタマちゃんを見て来ましたが、我が家には一個も残ってませんし、沢山のカマ手術のにも立ち会ってきました。罪深い事をやってきましたね。
素敵な先生と巡り逢えて、キットこれも天からの贈り物なのでしょうか?
なーこさんと同じで、同じ墓に入りたいですよね。
私は、女性の立場を利用するような言い方なんですが、猫が亡くなる時に必ず言う言葉は「私のお腹に戻って、新しい生を受けて!」って言ってます。けど、まだ一人として約束を守ってないので、どうしましょう・・・
Posted by at 2005年09月11日 21:38
そうですね、、、去勢&避妊の事は心痛む問題ですね
人間のエゴかも知れませんが↑由乃さんのおっしゃってる通り
可愛そうな命を増やさないためには仕方ない事かと思います
そして、手術で痛い思いさせた分&それ以上に3にゃんずを
愛してやみません。いつまでも大事に愛していこうと
思ってます
きっとにゃんこを飼ってる方はみんな同じ思いではないでしょうか
りじょ君の獣医さんの「忘れ物」のお話、素敵ですね
感動しました、、、必要ないほど、Chocoさんが忘れてしまうほど
いつまでも元気に暮らすんだよ!りじょ君
Posted by てい at 2005年09月11日 21:43
私は去勢はした方がいいと思います。がっくんは去勢しようと思ってもシッポのケガの為にできませんでした。実家の猫は去勢してタマタマ持ってますよ獣医さんによって違いますが今は結構多いと聞いています。実家のメス猫ちゃんは一度だけ
赤ちゃん産ませて(私が赤ちゃんが欲しかった)
避妊手術しました。ラムちゃんのも持っています
今私の地域で野良猫のメスの避妊手術をボランティアで行っています、この資金は動物病院の心使いと募金で補っています。可愛そうな子猫が増えない為には、ここでやっぱりみなさんの優しいお心使いが必要なんですね。野良猫ちゃん達は手術をしても、「忘れ物」を大切に預かってくれる飼い主さんはいません。だから、せめて自分の家族だけでも、愛してあげて欲しいです
Posted by ミュウ at 2005年09月11日 23:47
去勢手術、ホント悩みますよね…
うちの子はもうそろそろ5ヶ月経ちますし、体重も順調に増えてます。
なので体は手術出来る状態になりますが、どこも悪くない体を傷つけるというのには正直抵抗があります。
なのでこれから手術を控えている身としては、みなさんの決断がとっても参考になります。

私のところの先生は
『猫ちゃんによって正確も全然違うし、無理にとってしまうことはないですが、とった方が幸せに暮らせる可能性は大きいかもしれないですね。ただ、ホントに猫ちゃんの性格で必要性が変わるから、そこはよく見ておいてあげてください。』
とおっしゃっていました。

稀に大人しい子で去勢の必要がない子がいるそうですが、大多数は去勢しない事でストレスを抱えたりして、あまりいい状態ではないようです。
あくまで人間の立場での判断ではありますが、『猫の幸せ』を考えた時、やっぱり去勢は必要かなぁと思っています。

10月になったら病院に行きます。
そこで先生とじっくり話してみます。
お話読めてよかったです。本当にありがとうございました(´∇`)
Posted by なみへい at 2005年09月12日 13:45
Chocoさんこんばんは。
愛猫の去勢避妊、悩みますよね。
人にせよ猫や犬にせよ、生命倫理に関する事は非常に難しい、答えは無いですからね。
うちの猫ちゃんは、♀だけで、3匹は避妊済み、1匹は、するタイミングを逃してしまい、
していません、そのせいかどうかは分かりませんが、乳癌になってしまいました。
避妊してない猫はなり易いと聞いたことがあるので、可哀想な事したなぁ〜って後悔です。

しかし、我が家に居た昔の猫達は、外と家を行き来する自由猫でした。
当時は去勢もせず、お家で可愛い子猫達を出産してくれました。あの喜びは忘れられません。

しかし昨今、自由猫として飼える環境ではないです、隣近所にご迷惑になる事もありますし、事故、病気、猫に虐待する酷い人間もいます。
家の中だけで飼うのが、主流となった今では、やはり去勢避妊手術は已むを得ない事なのかも知れませんね。

ごめんなさい、固い話を長々と(^^;)
 
Chocoさんの掛かり付けの先生の様な獣医さんが居てくれる事はすごく嬉しいです(*^-^*)

 
Posted by sachi at 2005年09月12日 20:15
?私の書き込み、、コメントが途中で消えてしまっています。。どうしてだろう?(PCの調子が悪いです)今忙しいので、また後で遊びに来ますね。うに君ところではいつも拝見しています〜。どうぞよろしく★
Posted by 参画 at 2005年09月12日 21:34
胸が痛みます。
私も去勢は絶対必要だと思っています。
後を絶たない不幸な命を救う為には絶対必要な事ですよね。
サラもスティッチも元気一杯なので
6ヶ月過ぎたら避妊&去勢をする予定です。
でも健太は。。。
丈夫な子だったら、こんなに悩む事もなかったのに
ってどうしても考えちゃうんですよね!
100%安全ではない手術の事を思うと耐えられなかった。
私はなんて弱かったんだろう…
まだ誰にも言ってなかったのですが
健太の病気が回復したら
去勢の方向で心臓の検査をキチンとしようと思ってるんです。
早く元気になってほしい。
それでストレスから少しでも解放してあげたいんです。
8年間悩んでやっと出した答えです。
毎日失敗と反省の繰り返しで、本当に自分が嫌になります。
でも、これからの健太の事だけを考えて出した答えなので
間違ってはいないと思うんです。
Posted by 健太のママ at 2005年09月13日 07:53
昨日は失礼いたしました。三度目の登場です。m(_ _)m

去勢。。私も健太ママと同じで必要性は理解しているのですが、やはり我が子の場合は特に快く、、とはいかないです。今まで沢山の野良猫の不妊手術をしてきました。手術をした猫は、やはり他猫に居場所を追われてしまうケースが多く、何らかの影響があるようです。
うちの男の子もいつかと思うと、大切な男の子のシンボルをとってしまうのは何だか抵抗があります。男の子の場合、せめて形だけでも残せないものでしょうか。
Posted by 参画 at 2005年09月13日 15:57
★参画さん★

いえいえ。こちらこそいつも読み逃げしてました(笑)
ごめんなさい☆

お越しいただいてありがとうございます!
・・・って、いきなり重い話題についてでスミマセン。
去勢については、みなさんが心を痛めていらっしゃるのだなぁ・・・
と今回実感しました。
参画さんのおっしゃる通り、野良さんたちには大問題なのですね・・・
生きていく場所を奪われてしまう事にもなり兼ねない。
けれで、そのままでは不幸な命が増える一方・・・
どちらにしても、人間の社会に無理やり合わせられる動物の悲劇なのでしょうね・・・
この問題に関してはほんとに「答え」はだせませんね。
考えれば考えるほど分からなくなってきます・・・

りぞはちゃんと形ありますよ。
見かけでは全く去勢しているなんて思えません。
ぽあぽあしていてかわいいです♪
Posted by Choco at 2005年09月14日 10:14
★まいまいさん★

ほんとうに、いい先生にめぐり会えたと思っています。
偏屈で(何度も言うな!って怒られそ〜)
人間には厳しくて、ほんとちょっとかわった先生なんですが
とにかく、動物に対してのこころのやさしさにあふれた先生です・・・
大好きなんです、私。
りぞにもしものことがあった時、先生に診てもらってだめだったら
「しょうがない」・・・そう思う事ができるであろう先生です。

りぞからの「預かりもの」・・・
大切にします。
Posted by Choco at 2005年09月14日 10:44
★猫バカなーこさん★

先生もおんなじこと言ってました!
やっぱり男の人は抵抗があるらしく反対される方が
非常に多いそうです・・・
なにか、身につまされるものがあるんでしょうね。
Makoちゃんはそれがりぞの為になるのであれば・・・
と、その事に関しは抵抗はなかったようです。
でも、手術の前の日写真に残してましたけど(笑)

(イタイ子でしょうか?)・・・全然!!!!
私もそうしたいです。
だって、こんなに淋しがりやでひとりが嫌いなりぞを
他の場所へなんてやれないですもん!!
・・・ていうか私が耐えられない(笑)
お願い!一緒にいて!!!って感じです・・・

みんな親ばかですね(笑)
Posted by Choco at 2005年09月14日 11:02
★凛さん★

私もはじめて聞きました!
これまで、考えもしなかった事です・・・
なので、みなさんにもお話したかったんです。
これから手術を考えていらっしゃる方がいて
これを見て、そういうことも出来るんだな・・・と
知って欲しかったから・・・
もちろん病院によって考え方は違うでしょうが
「こうしたい!」という思いだけでも伝えることが
できるのではないかな・・・そう思いました。
また、そういう相談を持ちかけた時の先生の反応によって
病院の体制、先生の考えなど
心の奥底が見えるのではないかとも思っています。
私って結構そういうもの重視しちゃうので・・・
こころのない診療なんてうけたくありませんもんね・・・
Posted by Choco at 2005年09月14日 11:17
★由乃さん★

猫ドンちゃんもうそんなお年なんですか?!
ビックリしました!
とっても若くみえます!

そうですか・・・ということは、
以前どちらかのお家で暮らしていた可能性が大きいのですね・・・
どんな事情があるにせよ「捨てる」という行為は
許しがたいものがありますね・・・

でも!そのおかげで猫ドンは由乃さんのところに
くる事ができたんですもんね。
結果は幸せでよかった・・・!!
Posted by Choco at 2005年09月14日 11:27
★ていさん★

動物として生ませてきて、そのイチバンの目的(子孫を残す)
を奪ってしまうけれど、許してね・・・

「手術で痛い思いさせた分&それ以上に3にゃんずを愛してやみません」
そうですね・・・!ほんとうに!!
どんなものにも換えられない大切な愛すべき命です!
どんなにかこのイノチに助けられているかわかりませんものね。
先生はほんとにいい先生です・・・
この先生とのお話は、書ききれないほどです。
先生の存在のおかげで、りぞとの暮らしが
とっても安心していられます。
ひたすら感謝です・・・

私もりぞをずーっとず〜っと!大切に愛していきます・・・!
Posted by Choco at 2005年09月14日 12:04
★ミュウさん★

ほんとにそうですね・・・
野良さんには「預かってくれる」人がいないのですね・・・
悲しいけれど、それが現実なのですね。

でもきっと、預かってくれる人のいないネコちゃんたちには
神様が「忘れ物」がないように見守ってくれているはずですね・・・

せめて今、目の前にあるいのち。
それだけは、どんなことがあっても守ります。
Posted by Choco at 2005年09月14日 12:15
★なみへいさん★

ちょこちゃんもそろそろですもんね。
なみへいさんにも知っていて欲しいなぁ・・・
と思って、書き込みました。

去勢については、人それぞれ考えがありますし
その批判をするつもりは全くありません。
ただ、私もこの「預かる」という行為を知らなかったので
まだまだ、たくさんの方が同じように知らずにいるのではないかと思って・・・
自分の大切な家族のことです。
こんなことが出来るのであれば
預かっていてあげたい・・・そう思う人も多いのではないかと。
 
なみへいさんのところの先生もとてもいい先生のようですね・・・
それがなによりです・・・
Posted by Choco at 2005年09月14日 12:34
★sachiさん★

私も「室内飼」というのは初めての経験です。
ねこというもの自由でいいなぁ・・・という考えでしたので
というか猫はそういうものだと・・・
猫生活三十ウン年(笑)になりますが、りぞが初めてです。
なので最初の頃は自由を奪ってしまっている罪悪感、
外にだしてあげられないストレス、悩みました。小さな頃からそうしていれば特に猫にとって問題はない
ということを言われほっとしていますが、
やはり今だに罪悪感は残っています・・・

実家にいた子は避妊済みでしたが、がんになってしまいました。
病気というのは避けられません・・・
sachiさんのところのねこちゃんもきっと避妊とは関係ないですよ・・・
ご自分をどうか責めないでくださいね。

いつもはこんなに重くないので(笑)
またどうぞ、遊びに来てくださいね。
Posted by Choco at 2005年09月14日 12:52
★健太のママさん★

健太くんは心臓が弱いの・・・?!
それは、悩んで当然です・・・!!
私だって、怖くて出来なかったと思います。
健太ママさんのこころを傷つけるような事を書いていたら
ごめんなさい・・・

ママさんの答えは間違っていません・・・
健太くんのそばで、健太くんの事をいちばんに考え
健太くんを守ってきたママさんの出した答え
それが全てです・・・
他の誰にも出せません。

早く元気になってほしい・・・
ママさんの言葉が気になります・・・
雰囲気からいってあまりお話されたくないご様子なので
これ以上お聞きしませんが
私も願っています・・・

健太くんがはやく丈夫になりますように・・・!
Posted by Choco at 2005年09月14日 13:08
記事を読ませて頂き、大反省しております。
私は保護主さんと獣医師さんから、生後半年
の今年の2月の初め頃にわこに避妊手術をしましょう!と言われ、そのつもりでいました。それなのに、外に出さないのだからいいかなぁ・・と
思い、迷っているうちに1年が過ぎてしまいました。1歳の誕生日が過ぎた頃から発情するように
なり、今とても後悔しています。もう少し涼しく
なったら、獣医師さんに相談してみます。(^^ゞ


Posted by wako-mama at 2005年09月15日 07:58
★wako-mamaさん★

家は本来ペット禁止のアパートです。
これも人間の都合なのですが
さかりの時期のあの鳴き声、そしてスプレーの匂い・・・
どうしてもりぞと暮らしていくうえで避けて通れない問題でした。
お外にも出さないのではなく「出してあげられない」のです。
今でもよくりぞに話ます。
「りぞくんはうちに来てしまったのだから、我慢してね・・・」と。
罪悪感がどうしても拭いきれません・・・

わこちゃんはまだ1歳!遅くはありません。
やはり発情を満たさせない事はわこちゃんも
辛いかもしれないですね・・・
ぜひ!相談してみてあげてください☆
Posted by Choco at 2005年09月15日 10:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/64066

この記事へのトラックバック